モリシさんの ビバ ボドゲ

モリシさんが遊んだり欲しかったりするボドゲを紹介します

ボードゲーム会@桜井

こんにちは。モリシです。

ゲーム紹介もほとんどしていないのに、ゲーム会の報告です。

 

奈良県桜井市立図書館では、定期的にボードゲーム会を開催されていて、

実はモリシは皆勤だったりします。

『★第4回 としょかんでボードゲーム! inさくらい★』

・・・ま、4回ですけどね。

 

 f:id:kitunemask:20180722213546j:plain

とりあえず図書館の入り口です。はい。 

 

f:id:kitunemask:20180722213628j:plain

イベント案内もしっかりされていますね。ふふん。

 

 

一番最初は図書館を運営する会社のインストラクターが桜井まで出張して

講師をされていたのですが、いつの間にやら参加者(三郷(35)サイコロ

クラブの人。我が家ではセンパイと呼んでいる。)がインスト役をされる

ようになり、今では天理大学ライブラリ同好会の学生さんもインストとして

来られるようになりました。

なんかいい感じでイベントが回ってるって感じですよね(^ω^)

しかも、参加者の多くは子供ちゃんで、回を追うごとに増えてる感じだし、

実に楽しんでそうな雰囲気でした。

もちろん、おっさん参加者も居ますよ?モリシの他にもね。

いやいや、長いこと続いて欲しいイベントですね。

 

 

さて、今回は二つほどゲーム会でやったゲームを紹介。

 

ワインと毒とゴブレット

f:id:kitunemask:20180722213853j:plain

なんか、王様のヒャッハー感がいい感じのパッケージです。

 

内容物。

f:id:kitunemask:20180722214142j:plain

飲み会で使用するゴブレット。

中央の黒白赤いのが毒と解毒剤とワインのトークン。

周りにはゴブレット。

あと、カード。

 

目的は簡単。

この飲み会で政敵を毒殺し、自分は生き残ること。

シンプルですね。いいですね。

では、これから殺し方を伝授します。ま、殺されたりもするんですけどね。

 

 

最初に、プレイヤー数分のゴブレットを用意します。ゴブレットの足元には

色のキャップがはまっていて見分けがつくようになっています。

また、ゴブレットにはワイン・毒・解毒剤のトークンがどれか一つ入っています。

・・・ルールブック見てないから、数の比率はわからんのだけど、まぁ、

最初っから何らかの液体が入っているゴブレットが人数分用意されている

という設定なのです。

さらに、各プレイヤーは、ワイントークン3個、毒と解毒剤のトークン2個ずつを

受け取り、これでセットアップ終了。

 

ゲームの最後で、目の前にあるゴブレットの中身を飲み(確認し)、

解毒剤よりも毒が多ければ死亡。解毒剤が同じか多ければ生存。

ワインは酔っぱらうらけ(生死に関係なし)。

・・・最悪全員死亡ってこともあるのかにゃ?

 

さて、自分のターンで出来ることは以下のうちの二つ。

・自分の前にあるゴブレットの中身を確認する。

 ※中身の確認ができます。

・いずれかのトークンを1個どれかのゴブレットに入れる。

 ※誰にも見られないように入れましょう。

・全員のゴブレットをローテーションする。

 ※右回り・左回りどちらでもいいけど、目の前のゴブレットが

 ※隣に移動することになる、ローテです。

・目の前にあるゴブレットを、他のどれかのゴブレットと入れ替える。

 ※必ず目の前のゴブレットとその他のどれかを入れ替えます。

一回の手番では2回アクションをできるので、入れ替えを2回やったり

トークンを2個入れたり、2回ローテしたり、中身を見てからトークンを

入れたりいろいろやっていきます。

 

ローテをしやすいように、箱の上にゴブレットを載せておくと便利です。

f:id:kitunemask:20180722220904j:plain

手前には配られたばかりのトークンが見えます。

スクリーンで相手に見えないようにします。

あと、スクリーンの左に見えるカードは、今回のターゲットとなるプレイヤーの

スクリーンの色を表しています。

 

どれに毒を盛ろうかにゃー( *´艸`)

f:id:kitunemask:20180722221140j:plain

 

 

 

そして、自分のワイントークンが無くなったターンの次のターン、

自分の番が回ってきたら「乾杯」を宣言できます。

乾杯を宣言されたら、あとひと手番ずつ(ただし、アクションは1回のみ)やって

ゲーム終了。

 

目の前に置かれたゴブレットの中身を確認して、生死を判定します。

この時点で、

・生きていれば1点

・ターゲットが死んでいれば1点

・自分が生きててかつターゲットが死んでいれば、ボーナスで1点

・自分が生きてて、ワインが一番多ければ1点

の、最大4点を得られます。

これを3回繰り返して、得点の多い人が勝利。

 

という感じのゲームで、最初のうちは何をどうやればいいのかわからなかった

のですが、2回もやればなんとなくわかってきた感じ。

とはいえ、最後に自分の前に来るゴブレットは確実には操作できるわけもなく、

適当に毒を盛って、色を覚えて自分が生き残ることを考えるのがいいのかも?

 

ただ、このままだとカードが使われてないことにお気づき?

カードを使わずにも遊ぶことはできるんだけど、カードにはキャラクターが

書かれていて、特殊能力が書かれていると。

例えば、ゴブレットの下に履かせてある色カバーを外せるとか、いろいろ。

そのカードを一人一枚持って始めるバージョンもあります。

 

感想としては・・・

見た目よりもスピーディなゲームでした。サックリサクサク。 

それでいて、最後の生死判定はドキドキで、いい感じです。

あと、モリアさんと帰りに話してたんだけど、これって日本の

お茶バージョンもできるよねーって。

”あなたはとあるお茶会に呼ばれた戦国武将です。この機会に毒を盛って

敵武将を亡き者にしてしまいましょう”とか。

 

モリアの感想ー。

実際にワインを飲みながらプレイすると、混乱して楽しそうだ♪ 

 

おおっとタイムアップ。

もう一つのゲーム紹介はまた後日ってことで。

 

本日遊んでいただいたみなさん、また、お世話してくださったみなさん、

ありがとうございました。

またよろしくー(≧▽≦)